屈強な男性のブログ

チャンピオン・ジャンプの感想を中心に、日々の雑記とか諸々

順位予想! 中日は躍進の4位! あと、カープの松山って外野手だっけ?

さて、もうすぐプロ野球開幕ということで、順位予想とまいりましょうか

 

セリーグ

1位:広島

去年超絶最強優勝メンバーがそのまま残っている。

とにかく打撃陣がハンパない。怖い。

菊池と鈴木誠也あたりは調子にムラがあるため不安要素だが、控えメンバーも分厚いので、カバーできることは間違いない。

ところで、カープ公式サイトを見ていたら松山が外野手のページにいてビビった。

あれ? 三塁手のイメージだったけど。。。コンバート?

 

2位:横浜

今永を中心とした先発陣が安定。

投手陣は去年と同じく大崩れはしないだろう。

その上に、阪神から入団したヤマトが加わるわけで、まあ戦力は純増といっていい。

去年のWBCもなく、筒香もホカホカの状態でスタートできる。

先発陣の出来次第では優勝もあり得る。

 

3位:巨人

中日の4番ゲレーロが入団。

西部から野上が入団。

新メンバーの話題に事欠かない巨人さんが2位。

いい山口の謹慎も解けるし、戦力的には分厚い。

去年は弱い弱いといわれながら、結果的に勝ち越しの4位だった。地力は強い。

マイナス要素としてはマイコラスの退団。

それでも、山口野上が埋めて、Aクラスになるってことで、この予想。

4位:中日4番ホームラン王のゲレーロが抜けてマイナス大。

キャッチャーの大野を獲得してプラス小。

戦力的にみればマイナスのほうがデカいが、去年より1つ上のこの順位にした。

理由はオープン戦で、大島、福田が去年の好調を維持していること。

あとは投手で、小笠原、柳、クリス鈴木が台頭するだろう。

・・・まあ、ファンのひいき目でこの順位。

 

5位:阪神

いまひとつチームカラーが見えてこない。

エースと呼ばれるメッセンジャーにも、絶対的なパワーがないように思える。

金本監督は打撃のチームを目指しているようだが・・・・

戦力的にはヤマトが抜けてマイナス。

守備の名手を雑に扱ってよかったのか?

 

6位:ヤクルト

弱い。

軸になるピッチャーが小川しかいないし、中継ぎも抑えもいない。

打撃陣は名前を見れば豪華だが、どうせ全員揃わない。

怪我だ。

2015年優勝メンバーがぴんぴんしていたら当然Aクラスだが。

どーせ怪我だ。

新戦力としては青木の加入がデカいが・・・問題は投手なわけで・・・

上がり目がイマイチ見えない。

 

パリーグ

あまり詳しくないから「ソフトバンクが優勝するよ」としか言えない。

以上。

 

■まとめ

まあ、セパ共に去年と同じような順位に落ち着きそうだけど、

去年みたいな独走はなく、混戦になると思う。

秋までペナントレースを楽しめそうだ。

 

 

週刊少年ジャンプ2017年の感想

あけましておめでとうございます!


2018年も前向きに頑張りましょう!

早速ですが2017年のジャンプ新連載を振り返ってみます!


なおこの記事は、こちらのサイトを深く参考にさせていただきました!

「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2017年): 朴念仁と居候

 


・「僕たちは勉強ができない」筒井大志 10号~連載中

2017年のジャンプを語るうえで避けては通れない最大トピック【新連載6連弾】の第1弾として堂々のスタートを飾る本作。
「サンデーっぽい絵柄の漫画の漫画だなあ」というのが第一印象。


初期ヒロインたち(文系・理系)には魅力を感じなかったが、体育が登場したあたりからラブコメ密度がギュッと高まって面白くなった。
可愛いからね、うるか。可愛いからね。
かといって体育だけに人気が集中するわけではない。
純愛キャラの体育を梃子にしてヒロインたちを刺激している。
文系を恋愛師匠にしたり、理系の恋愛無知を強調にしたり、いろいろなテクニックを駆使して、各ヒロインの魅力を引き出している。

うむ。なかなかよくできている。いま人気投票をしたら誰が一位になるんだろう・・・
バランスどりが非常に上手な作品だ。
いつの間にかニセコイの後釜に収まり、そしてニセコイを超え、2010年代最強のラブコメ漫画になっている。
(ちなみに2000年代最強ラブコメ太臓もて王サーガです)

 

・「U19」 木村勇治 11号~28号

【新連載6連弾】の第2弾
少年たちが「大人党」に反逆する物語。
ジャンプには珍しい思想を前面に押し出した説教臭い作品だった。
うーん、つまらん! 
敵が「権力に媚びへつらう大人」なんだけど、その描き方があまりに上手すぎて、嫌らしさしか感じなかったのが敗因だと思う。
強大な敵! カッコいいライバル! というのがいなかったしね。
ラオウではなくてひたすらジャギを相手に戦っても・・・うーん、緊張感がないよね。
テーマ的に青年誌向けの作者なのかも。

なお、この記事はこちらのサイトも深く参考にさせていただきました。

【ご愛読】2007-2017週刊少年ジャンプ打ち切り・円満終了マンガ一覧【ありがとうございました】 - NAVER まとめ

 

・「ポロの留学記」 権平ひつじ 12号~29号

【新連載6連弾】の第3弾
魔王のほのぼの異世界体験記!
・・・なわけだが・・・なかなか軌道に乗れないまま終わってしまった。
可愛い絵柄は素敵だが、印象に残るエピソードが少ないのが残念。


・「腹ペコのマリー」 田村隆平 13号~46号
【新連載6連弾】の第4弾
べるぜバブの田村先生の作品。
いやー第1話は震えたね。面白かった。
流石、ヒット作者!って思ったもんね・・・。
ただそこから先が無茶苦茶だった。僕はこの漫画ほど迷走した作品を知らない。
ヤンキー抗争? 歴史IF? ラブコメ? 能力バトル?
どれがメインなのかわからないまま、軸足常にブレさせながら、結局どこに着地するわけでもなく、なんとなく打ち切りエンドになった次第。

1話1話とか、1ページ1ページは面白かった。さすがのセンスを感じました。
だけど、全編通してまとまって読むと「???」って感じ。

近年稀にみる迷作である。

 

・「Dr.STONE稲垣理一郎(原作)Boichi(作画) 14号~連載中

【新連載6連弾】の第5弾

うおおおお!2017年のジャンプはこの作品のためにあった!
アイシールド21の理一郎先生がまさかヤング誌で活動するBoichi先生と手を組む為害性! そこからうまれる大傑作!!!
こういう作品と出会うために僕は毎週ジャンプを買い続けているんだなあ・・・としみじみ感じ入る。

感想を書くといろいろ長くなるので割愛するので僕の一番好きなシーンだけ書きたい。
僕のベストは、もちろん、「電気を灯すシーン」だ。
あのシーンのクロムの真剣な眼差しが好きだ。
Boichi先生の少年誌寄りに簡略化した絵が弾けて、ちょっとリアルな画風になって描かれる、クロムと妖一が好きだ。あの見開き含めた数ページに、科学の偉大さと、科学にあこがれる少年の心情をよく描き出したと思う。
2017年で一番感動した。

 

・「ROBOT×LASERBEAM」 藤巻忠俊 16号~連載中

【新連載6連弾】の第6弾! 大トリを飾るのは黒子のバスケで大人気を博した藤巻先生だ!
高校ゴルフ漫画! ・・・と思っていたら、連載途中で3年飛び越えてプロゴルフ編へ・・・アレレ? 迷走してんのかな?
正直、高校編はイマイチ面白くなかった。味方も敵もキャラ薄いしね・・・いきなりプロ編に飛び込むのはアリだが・・・実に思い切りがよい。
しかし・・・高校でゴルフデビューしたロボ君が3年後にプロ・・・?

うーん。

とりあえず、今週号で主人公が「絶対にホールインワンする能力」の持ち主だということが分かった。トンデモ能力である。
ジャンプ読者ならみんな大好きトンデモ能力!
もちろん僕も大好きだ!

「どこからでもスリーポイントシュートが入る」緑間君がバスケの常識を覆したように、このゴルフを根底から覆すトンデモ能力を生かし伝説的ゴルフ漫画に成長しててほしいと思う。

 

・ 「シューダン!」 横田卓馬 28号~連載中

背すじをピンと!でおなじみの横田先生の最新作である。
このひとの漫画は面白いんだよなー・・・本作も面白い。
だけどピンとこない。

多分、表題と同じく、「集団」をテーマにした群像劇なのが原因だ。
静岡県特有の「サッカー少年団」をテーマにしたのが渋すぎるということもあるが、このピンとこなさはもっと表層的な面にある。

「勝ち負け」をテーマにしていないからだ。


サッカーというシンプルで、誰にでも理解できるスポーツをテーマにしながら、この作品の面白さがわかりづらい。

だってさ!んだよ「群像劇」ってさ!
ぜったいさ!スポーツ漫画だよ。前作はダンスみたいな文化部よりのスポーツだったらから良かったけど!
今回はサッカーじゃん!ガチガチのスポーツじゃん!
読者の興味は「勝った負けた」じゃん!
その辺りを弱めて、人間関係の「絆の深さ」とかをテーマにされても、なんかすっきりしない。
まずは殺し合ってほしい。

あと、この漫画、急に小学生編から高校生編に時空ワープした。
学生相撲から大相撲にワープした火ノ丸相撲といい、学生ゴルフからプロゴルフにワープしたロボレーザービームといい、空前のワープブームである。

 

・「クロスアカウント」  伊達恒大 29号~連載中

マガジンっぽい恋愛漫画
すまん!読んでない! 
唯一、ジャンプで読み飛ばしている作品であり、それゆえ感想が書けない。
さっさと打ち切りになればよいと思う。

 

・「トマトイプーのリコピン大石浩二 45号~連載中

いぬまるだし!の作者です。
読み切りがあって、評判が良かったから本連載になったと思う。

でも、まるだしのほうが面白かった。

時事ネタが多するからか、笑えるネタは多いけれど・・・。

意外と構成で笑わせる作家なのだが、そういう話があんまりない。

 

・「フルドライブ」 小野玄暉 47号~連載中

わぁい卓球漫画! わたし卓球漫画だぁいすき!
P2!以来の本格卓球漫画がジャンプで掲載! 
アゲハ? ぷーやん? ・・・知らない子ですね・・・。

荒っぽくも迫力のある構図はすげー才能だが、いま一番の打ち切り候補だ!

原因は主人公のキャラ付けだ!
テニプリリョーマっぽい主人公なのに、動揺したり恥ずかしがったり・・・キャラがぶれている!
主人公のキャラブレは人気低下の原因だぞ!
もっと自信をもって!

ドライブの書き方とかはカッコいいし、迫力がある!
あとはキャラ!無理してでもキャラの芯は押し通してほしい。

 

・「ゴーレムハーツ」 大須賀玄 48号~連載中

正当派ゴーレム漫画!

読み切りの時読んでいたけど
「なんだこのくそつまんねー漫画・・・絵も下手だし、話もつまらん」
と思ってたけど、なぜか連載!

相変わらず話はツマランが、絵がすげーしっかりした感じになったと思う!
絵というか線が太くて強くなったのがいいと思う!

あとは魅力的で応援したくなるキャラを増やせるかどうかだ。
俺はあの女師匠は好きだぜ! おっぱいだし!

ちなみにこの漫画も少年編から青年編に時空ワープした!

2017年はやたらと時空ワープの多い1年でありました!

 

 

 

 

 

ちな去年の分!

新連載で振り返る2016年の少年ジャンプ - 屈強な男性のブログ

 

今週のジャンプ感想 2017年50号

スゲー久々にジャンプの感想を書きます。

今週のベスト3

 

1位:青春兵器ナンバーワン 長谷川智広

住めば都のコスモス荘というか、どてらマンというか、

隣同士で済んでいた敵と味方が、ついに邂逅する回。

まあ前述の2作より状況が切迫していない分、のんびりしていたが。

 

妙に感動する話ではあった。

日常を継続するか、あるいは日常を捨てるか。

そういう分岐点を描いたお話だったと思う。

成り行きでなくて、登場人物の意思に委ねた回だった。

 

選び取ったのは日常だった。

エージとナンバーズ、№03と№09。

それぞれの友情が素晴らしく、今までで最も青春してた回だと思う。

 

 

2位:グーとグー 谷本達也

読み切りボクシング漫画。

絵は達者。冨樫義博先生にそっくり。元アシかもしれない。

好きな漫画は幽遊白書だとプロフィールにある。

影響を受けたのは間違いない。

ただ、セリフやコマの間のひとつひとつに、妙なあだち充を感じてならない。

俺だけだろうか?

妙にH2っぽい気がするわ。

 

 

3位:ゴーレムハーツ

いままでまったくクソツマラネェ漫画だと思っていたが、

新キャラのエイルのおかげでちょっと面白くなってきた。

絵にも厚みっつーか魅力がでてきた。

土下座の描写は、ちょっと誤解を招くような表現だと思うが、俺は好きだ。

打算と知っていようとも、息子の頭を下げる父親・・・熱いじゃないか。

ここでようやく、序章の終わり。

10週打ち切りでもいいと思ったが、すこし長く読みたくなってきた。

 

今年の新人王は横浜 濱口になりそう

濱口投手が日本シリーズで8回途中までノーヒットピッチング!

素晴らしいですね。

 

一方で、

中日ファン唯一の楽しみ「京田の新人王」が遠のくことに・・・

ぐぬぬ

 

濱口君ったらCSでもいいピッチングしてたし・・・

ポストシーズンで差をつけられる格好になりました。

 

やっぱりCSでなきゃだめだね。

5位じゃあなんにも面白くない。

答え合わせ! 今年のセ・リーグの順位予想!

今年2017年のペナントレースも順位が確定しました。

順当に広島優勝でした。とても強かったです。

・結果

1位 広島東洋カープ

2位 阪神タイガーズ

3位 横浜DeNAベイスターズ

4位 読売ジャイアンツ

5位 中日ドラゴンズ

6位 東京ヤクルトスワローズ

 

僕の順位予想はこちらでした。

1位 広島東洋カープ

2位 横浜DeNAベイスターズ

3位 阪神タイガーズ

4位 読売ジャイアンツ

5位 東京ヤクルトスワローズ

6位 中日ドラゴンズ

 

muramurasakida.hatenablog.com

 

 

 

優勝チームとCS出場チームはちゃんと当たってます!

その辺のプロ野球解説者よりも正解しています!

 

ただし、下柳さんにはかないませんでした!

 

 

 

koasoku.blog.jp

誤算はタイガースが予想以上に頑張ったことと、

スワローズが崩壊(球団史上最高の95敗)したことくらいですね。

まさかのスワローズでした!

 

CSの予想・・・うーん優勝はカープ!!

 

ドラクエ11を全クリアした

ざっくり130時間でクリア。

長かった。

社会人になって一番夢中になってプレイしたRPGだ。

このプレイ時間にはPS4放置時間も含まれるが、

100時間以上プレイしたのは確かだ。

 

このタイトル、調べもせずに買った。

近所のゲーム屋で宣伝していたから、発売日は知っていた程度だ。

ほぼ知識ゼロで買った。

 

PS43DSのマルチタイトルなのは知っていたが、

それ以外の知識は何もなく買った。

 

正解だった。

めんどくさい前情報なしに、無防備なままプレイしてよかった。

はまった。

とにかくストーリーが面白くて、先がわからないままドンドンプレイした。

PS4のドラクエとしては、「ヒーローズ」はやった。

だからイチイチ、リアルなスライムとかに驚いたりしない。

 

けど、ぜんぜん違う感覚。

絵がもっとリアルに感じる。

これは多分、キャラクター造形含めた

ストーリーテリングのおかげだと思う。

 

ヒーローズの時には取ってつけたストーリーだった。

今回は続きが知りたくなってワクワクする。

 

なんだろう、キャラクターに愛着が深まって、

物語に引き寄せられていく。

キャラクターのノウハウが飽和した時代だ。

あらゆる属性が食傷気味だが、

このゲームに関しては

押し付けられている感じはない。

ちゃんと生きているからか。

 

で、真エンディングまで見て・・・

だれもが思う感想を書きたい。

 

ドラクエ流の∀ガンダムだね。

 

このシリーズはここでいったんまとめ!

ってね!

 

「ほりいゆうじ」のクレジットゲームはこれで最後かもしれない。

・・・Dのレコンギスタまでね!

 

 

 

 

 

 

ちなみに、ちょっと「時」の物語としては納得のいかない面もある・・・がまあ・・・感動は、した。

 

 

ドラクエ11をクリアした

いわゆる表面クリア。

裏面はまだ未プレイだ。

 

クリアまでの時間は97時間05分。

主人公のレベルは58。

 

ラスボスを倒したパーティは

①クレイグ(蒼天魔神)

②主人公(覇王斬 or ゾーン必中)

③セーニャ(メラゾーマ  or バイキルト ro ベホイミ

④ロウ(ひたすらベホイミ

最後にギガブレイクでとどめをさした!

 

ドラクエ11をクリアして、総評としてレビューを上げる。

 

ロードが長いとか街が複雑すぎるとかカメラワークが酔うとかいろいろ駄目な部分はある。

それでも、ドラクエシリーズの中でベスト3に入る名作だと思う。

具体的には

1位:ドラクエ

2位:ドラクエ

3位:ドラクエ11

って感じ。

まだ裏面をプレイしていないから、暫定順位だ。

 

特に、キャラクターが最高だった。

一番好きなのはシルビア、次にベロニカ、あとカミュ

みんな最後のパーティに入れてあげれらなくて悔しい。

もちろんマルティナも好きだ。

こんなにキャラクターを好きになったドラクエは久しぶりだと思う。

パパス以来だ。

 

やっぱりシルビアが1番好きだ。

あの、世助けパレードなど、最高だ。

主人公とグレイグの、生真面目で地味なパッとしない二人旅が、

一気に華やいだ。

 

笑顔にさせてもらったぜ。