屈強な男性のブログ

チャンピオン・ジャンプの感想を中心に、日々の雑記とか諸々

久々に漫画喫茶に長居。ほんの30分のつもりが5時間も

今日のこと

 

18:00

近所の気になっていたラーメン屋で家系ラーメンを食った。

一つ口目はこれ以上なく美味かったが、3口目くらいで飽きがくる。

いかんせん油っぽスギる。なにこれ? 仕上げにサラダオイルをどぼどぼ足したのだろうか? あとしょっぱい。塩分が小ライスで中和できない。

もちもちした中太面は好みなのでまた行きたい、が、油少で注文したいと思う。

 

19:00

ちょっと食後のコーヒーでもしゃれ込もうと、マンガ喫茶に入る。

チャンピオンでドカベン最終回を読んでなかった。

一番最初に目的を果たす。。。マジのガチで最終回している!!

どーせ、「来週からメジャーリーグ編」くらいのものだと思っていたが、第一話の回想なんかして。。。これじゃあ本当に終わっちゃうみたいだ。

お疲れ様、水島先生。

 

で、満足したが、せっかく来たので色々と。

 

・マネーフットボール 全7巻

愛媛県のJ2クラブのお話。タイトル通りお金がテーマ。

J1浦和からJ2愛媛にレンタル移籍してきた主人公が、試合に恋に大忙しな1シーズンを描く。テーマも試合もキャラクターもキッチリ描き切っている。

まあ、サッカー版の「グラゼニ」なのだが、味付けが全然違う。

グラゼニは日本野球がテーマなので、何千万円とかいう金額がポンポン出てくる。

こっちはJ2の貧乏チームなので、単位が何百万円・・・主人公の年俸が400万円。

グラゼニは主人公含めた選手の年俸が話の中心だが、こっちは主人公の年俸の話より、クラブ運営費用がメイン。著者の能田先生は、現実のJ2チーム「FC愛媛」の運営にも関わっている。

サッカーでいえば、同じようなマンガに「ジャイアントキリング」がある。面白いが、ダラダラ長い。

マネーフットボールは短い巻数で、過不足なく収められていて、とても好感がもてる。

 

疾風の勇人 全7巻

戦後の総理大臣、池田勇人の逸話をひたすらカッコよく書いている。

イケメン! 池田勇人! 佐藤栄作! 白洲次郎! みんなクソイケメン!

似せる気すらない美化っぷりが清々しい。

お話は史実どおり、GHQ占領体制、ドッジライン、朝鮮戦争、安保条約、サンフランシスコ講和条約を描く。この辺りはGHQがラスボス。

そのあとは鳩山一郎が敵役の政局メイン。

面白いのはGHQがGo Home Quickly するまで。つまりアメリカの占領が解除されて独立するまで。

特にサンフランシスコ講和条約あたりは最高だ。ほぼ、吉田茂ひとりの手柄みたいになってるけど。

ちょっと(ものすごく)自民党に肩入れしていて、読む人の価値観によっては憤死ものだ。でも、戦後の日本史がわかりやすく勉強なるいい本だと思う。

 

1:00

満喫の値段を清算。1500円でした。

読んだマンガは奇しくも「全7巻」と同じだったけど、疾風の勇人は打ち切りなのか?

なんかモヤモヤする終わり方だった。

 肝心の主人公が総理大臣になるところまで書いてほしかった。

 

マネーフットボールはマジで傑作だ。

アニメにしてヨーロッパに売りつけよう。

あっちは2部リーグ3部リーグの弱小クラブがゴロゴロしているし、歴史も長い。

こういう泥臭くてシビアなサッカーの世界について、日本よりも共感してくれると思う。

 

3:00

風呂入って酒飲んでブログ・・・

文章を書くのって大変だ。そして眠い。

ドラゴンズ中継! 格調高いテレビ愛知!

ドラゴンズVS楽天

7回裏で1対4で負けている。そのまま負けてしまいそうだ。

 

ただ、今日のテレビ愛知の放送は素晴らしかった。

 

アナウンサーがいない。

 

正確に言えば、女性アナウンサーがいた。

ただ彼女は選手交代とか、必要最低限のことを伝えていた。

淡々としていた。ウグイス嬢のような存在だった。

「実況」という存在がいなかった。

 

アナウンサー役を務めていたのは解説の立浪さんだった。

理知的に状況を伝えていた。

「見ればわかる」ことは言葉にせずに、解説すべきことを解説していた。

 

もうひとりの解説は江本さんだった。

必要以上にわちゃわちゃせず、ちょっとおどける程度で、きちんと投手心理とか、そういうことを伝えていたと思う。

 

時折、「視聴者からの質問」が紹介されていたが、これも非常におとなしく、解説のふたりが答えやすいようなのが選ばれていたと思う。

 

スポーツ中継はこのくらいでいい。

そんな風に思える、節度を保った、静謐な放送だった。

格調高い。

ドラゴンズ連勝!周平スリーラン!

ドラゴンズVSソフトバンクinナゴヤドーム

5-4でドラゴンズの勝ち。松坂大輔が恩知らずな勝利。

決勝点は高橋周平のホームランでした。

 

ホークスは千賀さんが途中降板。

千賀さんは途中で怪我の治療に入ったりして、体調が心配。

 

今日分かったこと。

 

①甲斐の肩がすげー。

京田大島を楽勝でアウトにできるキャノン!

コントロールもドンピシャリ。

あいつがキャッチャーの時、盗塁するのやめようぜ。

 

②平田がシバリング

今シーズンから?

平田が構えるときブルってなるの。

おしっこ我慢しているひとみたい。

 

③福田秀平さんは素敵だ。

なんか怪盗グルーみたいな顔立ちだよね。特に横顔。

まあ、それはそれとして、セリーグだったら不動のレギュラーだよね。

こんなのがベンチスタートなんだからホークスの層は厚い。熱すぎる。

FA宣言して巨人辺りに移籍すればいいのに。

 

 

だいたいデスパイネが代打ってのも卑怯。大人げない。

でもまあ、調子悪いみたいだし、明日も勝てそうな気がするわ。

 

がんばれドラゴンズ!

ドラゴンズサヨナラ!

今日も帰宅してずっと野球を観戦・・・

すごい試合。

武山が9回に同点打。そんでロッテのエラーでサヨナラ。

終わったのが10時半。なげー。

 

今日分かったこと3つ。

 

①松井、大野、武山のキャッチャーは全員使い切ったほうがよい。

松井と大野はぜんぜん打てないので、チャンスになったらさっさと代打に交代したほうがよい。

これで攻撃に厚みがでる。

序盤から代打モヤで点を取ろう。守備レベルは松井でも大野でもかわらん。

武山は毎日一打席くらいがよいだろう。今日はヒーローだけど、長く出るとダレるタイプだし。

 

武山がもしもがあったら、福田をキャッチャーにしましょう。

つーか、「もしも」なんて殆ど起こらないよ。杞憂。ベンチはどんどんキャッチャーを使いつぶすべき。

 

アルモンテはぎりぎりまで引っ張る。

素人目にも守備が下手なアルモンテさん。

おれも20年以上中日を応援しているが、こんなにザルな外野は初めて見た。

いつも途中で工藤に交代するけど、勝敗が決まるギリギリまで換えないほうがよい。

居なくなると今日みたいに延長になったときに点がとれない。

工藤もそれなりに打つけど、出塁タイプだし。

 

③藤嶋の声がいい

甲子園のヒーローはインタビューもうまい。

テレビ受けするタイプ?

 

野球ばかりみている

半田に引っ越してきて1カ月たった。

だんだん新生活にも慣れてきた・・・というか、すっかり馴染んだ。

半田は住みやすくて素敵な町だと思う。

 

この土日のことを書く。

 

・土曜日

友人が自宅に来るので掃除機をかける。

布団を干してシーツも洗濯。

友人が来たので半田をブラブラ。赤レンガ建物でカブトビールを飲む。うまい。

自宅に帰り、広島VS中日inマツダスタジアムを観戦、珍しく勝つ。外国人へのバント攻勢が利いた。

夕方は半田で飲み屋探索。2軒はしご。前々から気になっていた居酒屋があるんだよね。

 けとばしや・・・馬刺しが旨い。

 阿吽屋・・・へんなカクテルが多い。食事は安い。

どちらも期待以上だった。特に「けとばしや」は旨い。気に入りました。

友人を名古屋に見送る。10時30分ですでに終電に近い。

家に帰って寝床の整備。

ゴールデンウィークに購入していた夏用の掛布団にチェンジ。近頃の夜は冷えて、ずっと冬用だったんだよね。

 

・日曜日

昼前に起きてだらだら。酒が残っているせいかシャキッとしない。

回復したらTシャツを買いにバイクでツーリング。東浦のイオンまで行ってみる。

思ったより遠い。しかし道が楽しいので苦痛ではない。とくに東浦あたりのぶどう農園の道がたのしい。あまりにも楽しかったのでイオンに寄らずに大府までツーリングを楽しむ。バイク道楽は手段と目的の関係を複雑にさせる。

結局Tシャツはユニクロで購入。

帰ってきて広島VS中日inマツダスタジアムを観戦。今日は負けそうだ・・・あきらめてパワプロをプレイ。難易度「ふつう」が難しい。

パワプロに疲れたらテレビを切り替えて、ヤクルトVS横浜の観戦に。バレンティンつよい。

 

で、いま、酒を飲みながらブログを書く。

そういえば中日はどうなったのだろう・・・・

か・・勝ってる! この土日で最大のビックリである。

 

20年ぶりのパワプロにドはまり

すげー久々にパワプロ

 

自分の記憶によると、最後にパワプロをやったのが、ニンテンドー64の「パワプロ4」のころだったと思う。

じつに20年ぶりのパワプロである。

サクセスがやりたくて購入してみたが・・・パワフェスばっかりやってる。

 

パワフェスは歴代サクセスキャラクターと対戦できるトーナメント戦。

勝ったら相手チームの選手を仲間にできる。

「仲間を集めて最強チームを作ろう」ってなもんで、往年のパワプロファンにはたまらない仕様らしいが・・・僕の場合、ブランクが長すぎてキャラクターに思い入れがない。

昔は猪狩君と矢部君くらいしかいなかった。女性選手もいなかったと思う。

よくもまあ、こんなに増えたもんだ。

 

 

 常に僅差の勝負になるから面白い。

あきらかに不自然なくらい「いい勝負」になる。CPUの忖度だ。

それでも負ければ悔しいので何度もプレイしたくなり、気が付けば一日中やっていたりする。

 

ぜんぜん打てないのでルーキーモードでプレイ。

ロックオンが付いているのである程度カーソルが合えばヒットになる。

こいつぁ楽だ。

 

それでも勝てないので何度も何度もルーキーモード。

ショップ(現金でない。プレイするともらえるポイント)でルーキーのお守りを買いまくって何度も挑戦。

・・・・・・・・・・・・・・昨日ようやくクリアしました。何十回もやってよーやくです。とてもうれしい。ルーキーは卒業ということで、今日からノーマルプレイ。・・・・・・・・・・・・・・・・・ぜんぜん打てない。難易度の差が激しすぎる。初戦をクリアするのが精いっぱい。パワフェスをノーマルクリアできたら、次は栄冠ナインをやりたい。これも20年前にはなかったモードだ。いろんなモードがあって奥が深い。

順位予想! 中日は躍進の4位! あと、カープの松山って外野手だっけ?

さて、もうすぐプロ野球開幕ということで、順位予想とまいりましょうか

 

セリーグ

1位:広島

去年超絶最強優勝メンバーがそのまま残っている。

とにかく打撃陣がハンパない。怖い。

菊池と鈴木誠也あたりは調子にムラがあるため不安要素だが、控えメンバーも分厚いので、カバーできることは間違いない。

ところで、カープ公式サイトを見ていたら松山が外野手のページにいてビビった。

あれ? 三塁手のイメージだったけど。。。コンバート?

 

2位:横浜

今永を中心とした先発陣が安定。

投手陣は去年と同じく大崩れはしないだろう。

その上に、阪神から入団したヤマトが加わるわけで、まあ戦力は純増といっていい。

去年のWBCもなく、筒香もホカホカの状態でスタートできる。

先発陣の出来次第では優勝もあり得る。

 

3位:巨人

中日の4番ゲレーロが入団。

西部から野上が入団。

新メンバーの話題に事欠かない巨人さんが2位。

いい山口の謹慎も解けるし、戦力的には分厚い。

去年は弱い弱いといわれながら、結果的に勝ち越しの4位だった。地力は強い。

マイナス要素としてはマイコラスの退団。

それでも、山口野上が埋めて、Aクラスになるってことで、この予想。

4位:中日4番ホームラン王のゲレーロが抜けてマイナス大。

キャッチャーの大野を獲得してプラス小。

戦力的にみればマイナスのほうがデカいが、去年より1つ上のこの順位にした。

理由はオープン戦で、大島、福田が去年の好調を維持していること。

あとは投手で、小笠原、柳、クリス鈴木が台頭するだろう。

・・・まあ、ファンのひいき目でこの順位。

 

5位:阪神

いまひとつチームカラーが見えてこない。

エースと呼ばれるメッセンジャーにも、絶対的なパワーがないように思える。

金本監督は打撃のチームを目指しているようだが・・・・

戦力的にはヤマトが抜けてマイナス。

守備の名手を雑に扱ってよかったのか?

 

6位:ヤクルト

弱い。

軸になるピッチャーが小川しかいないし、中継ぎも抑えもいない。

打撃陣は名前を見れば豪華だが、どうせ全員揃わない。

怪我だ。

2015年優勝メンバーがぴんぴんしていたら当然Aクラスだが。

どーせ怪我だ。

新戦力としては青木の加入がデカいが・・・問題は投手なわけで・・・

上がり目がイマイチ見えない。

 

パリーグ

あまり詳しくないから「ソフトバンクが優勝するよ」としか言えない。

以上。

 

■まとめ

まあ、セパ共に去年と同じような順位に落ち着きそうだけど、

去年みたいな独走はなく、混戦になると思う。

秋までペナントレースを楽しめそうだ。