読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屈強な男性のブログ

チャンピオン・ジャンプの感想を中心に、日々の雑記とか諸々

衣類をトリアージした

来月っつーか明日(7月1日)から、

ジーパンで出社して作業服に着替えて作業することになった。

いままではスーツで出社してスーツで仕事してた。

やることは変わらん。工場のバッチ処理の改修。

作業服でバッチ処理。ジーパンでもスーツでも変わらん。

 

そんなわけで、心機一転。

古くなったワイシャツを捨てようと思って、たんすをまさぐっていたら

着ない服がわさわさでてきました。

 

この際にまとめて整理してやろうと思い

たんすや押入れをひっくり返しました。

近所のクリーニング屋でボロ切れをリサイクルしているはずです。

土日にまとめて引き渡しましょう。

 

そんなわけで衣類のトリアージ・・・なにを捨てて何を残すかを判断する作業・・・を始めてみましたが・・・なかなかに悩ましい。

 

穴が開いてるとか、片方ない靴下だとか、そういう「着れない」服はいいんだよ。

だってゴミだもん。ばっさり捨てられる。

 

でも「着ない服」ってあるじゃん。

服としての瑕疵はないけど、なんだか着たくない服。

うーん、うーんと悩み、ちょっとでも「これは着ないな」と思ったら、

バッサリ捨てることにしました。

 

買ってみて外出したことのない、新品同様の短パンとかも。

もったいないと思いながら捨てることにしました。

ちょっと流行っている時に、オシャレのつもりで買ったけど、

俺が着ると小太りで嘆息なBz稲葉っぽくなる。

まあ、大人になってスネ毛丸出しのオッサンはダメだよね。

 

そんなわけで、攻めのトリアージをして見たら、

「着ない服」がゴミ袋2杯半になりました。

 

多いな!まあ、きっと公開するかも知れんけど、捨てるときにすてやりましょー