読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屈強な男性のブログ

チャンピオン・ジャンプの感想を中心に、日々の雑記とか諸々

土日のことー登山温泉ツーリングー

友達と一緒に猿投山に登山ツーリングを決行した。

クロスカブ+グロムという構成。

 

名古屋から迷って迷って2時間半かけて、よーやく猿投山についたー!

で早速登山開始。

 

この時点で午後1時半。名古屋でるのが遅すぎたかな・・・

でも、金曜日はつかれきっていて、早起きできなかったからなあ・・・

 

さくさく上っていくと、

友人から「まった」の声。

僕はときどき山登りするけど、友人は初めてなんで「休憩しながら行こうぜ」。

 

そりゃそうかとも思う。痔だって言うし。切痔なんだってさ。つらいね。

さらに日ごろの運動不足もあわさり、

「あたまがずきずきする」「めまいがする」「アナルが痛い」

など、友人に襲い掛かる苦難の数々。

「きついなら帰ろうかー?」

「いや、休み休みいけば大丈夫」

「ギブアップするときは早めにいえよー」

なんてやり取りをしながら登山続行。

休憩大目。水分も多めで慎重に。

 

しかし突然バターン!

大の大人が倒れる瞬間ってのは迫力があるね。あたしびっくりしちゃった。

「あしが・・・つった」

 

まるで山道をふさぐようにねっころがったまま、立ち上がることもできない友人。

どうしたらいいのか、わからず、ただ倒れる友人の回復を待つ俺。

そこにベテラン登山者っぽいオッサンが登場。

 

「足がつったときには足を立ててやるんだ」

「足をたてるって?」

「こうするんだ」

と友人のつったスニーカーをつかみ、無理やりつま先を天に向けさせ、

ぐいっぐいっと押す。アキレス腱を伸ばして、ふくらはぎの筋肉を無理やり刺激するような強引なマッサージ?

うわ、いたそう。そりゃあサッカーの試合とかで、足のつった選手をトレーナーがぐいぐいすることは見たことあるけど・・・効果あるの?

「うしゃひゃひゃひゃひゃはあああああしゃしゃ! 痛いっす!」

なぜか笑い出す友人。痛そうでも楽しげでもある。

本人曰く「痛すぎて笑っちゃった」とのこと。そんなこともあるもんなんですね。

 

友人を痛めつけて満足したのか、おっさんは「無理せず下山しろよ」といって立ち去り、残された俺は結局友人の回復を待つことにする。あやしげなマッサージより時間薬を信用することにして、なにも触れず、ひたすらまつ。

 

結局、それが功を奏したのか、何とか立ち上がれるようになり、無事下山し、帰りに温泉に寄って、帰宅することができました。

 

僕が気軽に山にさそって、彼は気軽についてきてくれたけど、

こういうパターンがあるので、ちょっと誘いづらくなっちゃったなあ。

ただ、彼は「半年くらいたったらリベンジしたい」との意欲なので、そのころになったらまた誘って見ようと思う。

「痔が治ったらね」

「病院いけよ」