読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屈強な男性のブログ

チャンピオン・ジャンプの感想を中心に、日々の雑記とか諸々

禁酒初めて3日目 大離脱?を超えた。

よーやく禁酒3日目です。

禁酒を始めてから1日が長い! 長くて苦しい!

 

今日も苦しい1日でしたが、なんとか飲まずに現時刻を迎えられております。

いやー辛かった、、昨日の夜から辛かった・・・

 

寝不足なのだ。

今まで、酒を睡眠薬代わりにしていたので、酒無しでの眠り方がよくわからず、ただ漫然と布団の中でもぞもぞとしていて、よーやく寝付いたのが夜3時。。。それも浅い眠り。。。

 

で、6時過ぎに目覚ましに叩き起こされて、ギリギリまで布団で粘って遅刻寸前で出勤する。

どうにか午前まで理性を持たせていたが、昼メシ後に睡魔が爆発して頭にモヤがかかったみたいになり、仕事が全く進まなくなった。

さらに自重を背骨で支えきれないほどに筋肉がだるくなり、脳天がズキズキしはじめる。

 

寝不足だけでは説明のつかないこの症状、離脱というらしい。

アルコールが抜ける特有の苦しみだ。

知識としては吾妻ひでおのマンガで知っていたが・・・ああコレがソレかぁ。

 

離脱にも小離脱と大離脱の2種類あって、酒飲んで数時間後に訪れるのが小離脱で、まあコレは二日酔い。

数日間を置いて訪れるのが大離脱という。

 

大離脱の苦しさは酒量に比例するらしい。

本格的な大離脱の経験ができるのは、僕のようなアルコール漬け人間だけの特権でである。非常に苦しい。

この苦しさは独特だが、高熱が出て悪夢を見る感覚が近い。

 

肝臓がうねり、脳から汗がでて、筋肉には力が入らない。

 大離脱の特効薬はアルコールであり、長い飲酒生活でココロもカラダもそれをよく理解している。酒が飲みたい。

スマホで禁酒のことをググりつつ、酒が飲みたいと考える。

そういう悪い欲求を、どうにかメシのことで上書きする。

「メシさえ食って寝れば、こんなに酒のことばかり考えずに済むのに・・・」

とばかり考える。

 

その上で寝不足・・・体力不足だ。

そもそも「睡眠障害」というのも離脱症状の1つなのかもしれない。

 

こんな状況で頭脳労働なんかやってられんので、仕事を山ほど残した上で、同僚に白い目で見られながら定時退社し、18時過ぎに帰宅して、冷凍ゴハンをレンジであたため、味わいもせずに流し込む。

効果はてきめんで、イッッキに飲酒欲求が消え失せる。

ちょっと人心地ついた後に、買い置きして置いたモヤシと豚肉で簡単な酒蒸をつくる。包丁を使わない楽な料理だ。

それをポン酢とおかずラー油で味付けし、2杯目の冷凍ゴハンをほおばる。

うまいうまい。

 

そんで、2時間仮眠して、風呂に入って、今現在、午後11時である。

 

今日は眠れそうだ。

 

大離脱さえ乗り越えられれば楽になるらしい。

明日からは余裕のよっちゃんというわけだ。

遅れた仕事も取り返せるだろう・・・たぶん!!

もし明日も離脱症状が出たら、そのときはそのとき、さっさと定時退社しよう。

 

さて、ブログも書けた。寝るか!