屈強な男性のブログ

チャンピオン・ジャンプの感想を中心に、日々の雑記とか諸々

ラーメン福の魅力www

別にらーめん通ってわけでもない僕だけど、「この店はオススメ!」って店が一軒だけある。

チェーン店なので、「一軒だけ」てのは語弊があるが、まあ細かいことは抜きにして、この写真を見てくれ。(ちなみに篠原橋店)

 

f:id:muramurasakida:20170430213910j:plain

 

もやしドーーーーン!である。

特製ラーメン・ヤサイ大目、800円である。

このヤサイというのは、もやしとねぎを指す。

もやしだけなら「もやし大目」、ねぎだけだったら「ねぎ大目」と注文する。

 

この場合、もやしとねぎが両方とも大目なのだが、とにかくもやしのインパクトがすげー。

ちなみに、大目でない場合、半分くらいになる。それでもスーパーで購入するもやし半袋くらいは乗っかってくる。

 

このもやし、味が付いていない。ただ茹でただけであるが、ショッパイスープと絡めて食うと、なんだかめちゃくちゃ旨い。

いかにも不健康で塩分過多な化学調味料バリバリっぽいスープと、味気ないもやしのハーモニー、そして茹ですぎた卵麺の相性が抜群である。

 

このラーメン、モヤシも多いが麺も多い。バリバリもぐもぐずるずる食べる。そしてハムっぽい、堅くて薄いチャーシューを噛み千切るのだ。

 

・・・あごが疲れる。

ラーメンを食って顎に疲労を感じるのは珍しいことだと思う。

その辺の軟弱なラーメンでは味わえない疲労感だ。

そしておなかいっぱいだ。スゲー満腹感だ。プラス50円で大盛りができるが、食べきれないので自重した。

 

ファンも多いらしく、今日の篠原橋店では10分くらい待った。

ちょっとした「行列のできるラーメン屋」なのだが、まあ、メイン客層は独身男性とか、トラックの運転手なので、サッサと食ってサッサと出る。

家族連れもいる。

家族連れがほのぼのと食事している脇で、オッサンたちがものすごい勢いで回転していく。そんなギャップも、らーめん福の魅力である。

べつにロットがどーとか細かいことは言わない。なんせ昭和からやっている老舗なのだ。いまさらラーメンブームに流されないってかんじだ。そんなマイペース感も好きなんだ。名古屋で一番好きなラーメン屋さんなんだよ。