読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屈強な男性のブログ

チャンピオン・ジャンプの感想を中心に、日々の雑記とか諸々

週刊少年チャンピオン 感想(4+5号)

マンガ チャンピオン

仕事が忙しくて発売日に感想が書けない・・。

 

ベスト3

 

1位:刃牙

本部さんへの尊敬を隠さないガイア。

・・・ッてこんなキャラだっけ?

もっとクールな性格だった気がする。

 

 

2位:兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿

「コイツ動けるな なかなかの上物だ」

・・・黄多川ちゃんだけ出てるマンガが違う。刃牙っぽい。

 

 

3位:マジカロマジカル

最終回。鈍足毎日先生の初連載が終ってしまいました。

まとまっているんだけど、やっぱり打ち切りっぽい感じはする。

 

絵はちょっと90年代っぽい童顔な美少女絵で、非常に好きだった。

よく脱ぐし、基本巨乳だし。

ただ、ストーリーが重たすぎた。

 

ベースはプリキュア的な「戦う魔法少女」だ。

だけど、世界観は殺伐としている。

「怪物化した人間」によって半壊した世界で、

だれもが苦労して危険な時代を生きている。平和などない。サバイバルだ。

 

だから、魔法少女はみんな、

「怪物に家族が殺された、仲間を失った」という暗い過去を持ち、

負い目を抱えながら生きている。

 

そのトラウマの具現がマジカルパートナーと呼ばれるマスコットだ。

魔法少女=マスコット」はステロタイプだが、

本作の場合、与えられた役割は非常に重い。

 

マジカルパートナーは、

魔法少女が抱えているトラウマを分け合う」ためのカウンセラーだ。

残酷な世界で倒壊しかかった少女の精神を支えるための柱だ。

ただし、仮設的な柱でしかない。

 

「真の仲間を得る」など本来の柱を得た場合、

つまり、魔法少女がトラウマを克服した場合は、

マジカルパートナーは役目を終えて消え去ってしまう。

どんなに魔法少女がマジカルパートナーのことを大切に想っていても、

役目を終えたマジカルパートナーはこの世には残れない。

 

マジカルパートナーとの別れは印象的に描かれている。

成長の代償として、少女から大人へのイニシエーションとして。

それこそがマジカロマジカルという作品のテーマそのものだ。

 

このマンガ、一見するとお色気美少女マンガだが、

「トラウマの克服と、その代償」という重いテーマを前面に押し出した、

かなりマジメなマンガであった。

 

もっと軽くても良かったんじゃないかなあ。